スタッフブログ

広告宣伝

2017.06.06

5月、驚くほど暑かったですね。

 

出張買取で汗を流す日々がやってきました。

 

私、頭を坊主にしましたので(もう、ちょっと伸びていますが)、

 

暑さ対策ばっちりのケロル店長です。

 

シャンプーの量が減って、乾くのも早い!快適生活ですね!

 

 

 

 

そうそう、暑さ対策、快適生活といえば、出張買取の車を新しくしました。

 

以前の出張車は、エアコンが壊れていたので、灼熱天国でした。

 

今年からは、エアコン天国ですね!夏本番が楽しみです!

 

 

 

本日は、ポスティングを行っていただける会社の、営業の方とお話をしました。

 

コミック管理用の倉庫を新しく準備したのですが、

 

そこをいっぱいにするには、まだまだ本が足らず、たくさん集めなくてはいけません。

 

以前は、新聞折込でチラシを配布しておりましたが、

 

押し紙の問題など、良い噂を聞かなくなってしまったため、

 

費用対効果も考えて、別のチラシ配布方法を考えております。

 

 

 

 

朝霞、志木、新座、和光、大泉学園、このエリアで、

 

チラシのポスティングを順次行ってまいります。

 

新しいチラシのデザインも今考えておりますので、

 

チラシが入りましたら、どうぞ中身を読んでやってください。

 

どうぞ宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

あと、「コミック買取ブックオン?」「情熱買取コミックオン?」のような、

 

新たな買取サイト、販売サイトを考えております。

 

これは考えているだけなので、実際に動き出すには時間が掛かりそうですが、

 

新しいスタイルで展開できればと考えております。

 

良いアイデアがあれば、ご教授願います。!

 

 

 

チラシデザイン、ホームページ制作を勉強中の、ケロル店長でした!

 

 

師走

2016.12.13

毎日本に囲まれた生活を送っております。

本が好きな方には、うらやましい、と思われるかもしれませんが、

ひたすら買取、ひたすら販売を行う毎日ですので、

本のタイトルと著者名、出版社しか活字を目にできません。

そんな暮らしの毎日で、にわか本好きになっております、ケロル店長です。

久しぶりのブログ更新です。

 

時が流星のように一瞬で駆け抜けていきます。

年初に立てた目標を、毎日確認しながら年末を迎えようとしております。

当然、目標は立てるだけ、確認するだけで、一向に達成の日の目を見ません。

来年こそは、と意気込み、現在進行形で計画を立てておりますが、

日々の作業に忙殺され、流星は来年にたどり着く前に、燃え尽きそうな状況です。

 

中古本の買取がメインの仕事となりますので、このコントロールが難しいのです。

毎日、決まった量や種類が、買取として入ってくるのなら良いのですが、

小説、コミック、実用書、文庫新書ハードカバー、専門書、雑誌、ムック、写真集、児童書、絵本、、、、

何十年も前の本から最新の本まで、本の種類も何万、何億と数えきれないほど多岐にわたり、

販売しやすいものから、しばらく寝かせないといけないものなど、いろいろと仕分けなくてはなりません。

そして、1点からお売りいただけますが、ここ最近で一番多かったのは1件のお客様で5000冊と、

量もお客様によってかなりの差があります。

1000冊級の買取が毎日何件も続くと思えば、30冊~100冊ほどの買取のお客様が続いたり、

いろいろなタイミングがあり、それを私共でコントロールするのは難しい仕事となっております。

 

にわか本好きのケロル店長は、ビジネス書やハウツー本が大好きなので、そのような書籍に救いを求めますが、

「どのような事態にも備えられるように基盤を固めよ!」とか、「無理な依頼は断った方がいい!」とか、

「人は雇うな」とか、「1日を48時間にする〇〇活用術!」だとか、いろいろ目を通しますが、

それらのアイデアすらも流星のように駆け抜け、気が付いたら本に囲まれ燃え尽きる、そんな状態です。

 

と、ぐちぐちと言い訳のような文章を書いてしまいましたが、

何が言いたいのかといいますと、

ホームページの更新がなかなかできず申し訳ございません。

ブックオンを見つけてくださったお客様に、少しでも本の買取に関して

有益な情報をお届けできたら、と考えてホームページをスタートさせましたが、

全然情報が足りないホームページで、なおかつ上記のような言い訳のような独白をしてしまいました。

 

こんなホームページですが、本を売りたいというお客様へ、

少しでもお得な情報をお届けできたらという精神で、

これからも更新してまいりますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

 

最近は、「ホームページの活用法」のような書籍に目がない、

にわか本好きのケロル店長でした!

 

 

 

月間の買取冊数

2016.07.02

お久しぶりです。ホームページの更新が1年以上空いてしまいました。

ケロル店長です。(本名だとなんとなく文章を載せるのが恥ずかしいので、ケロル店長と名乗っております。)

 

忙しくて、忙しくて、それを言い訳にブログやホームページの更新が疎かになっておりました。

人手を増やさなきゃいけない時期に、ずーっと突入しているのですが、

新たな仲間を向かい入れる為の環境の準備や、募集してもなかなか集まらない、などの理由で、

現状のメンバーで体当たりで日々ぶつかっております。

 

しかし、それにより、出張買取や宅配買取をご利用のお客様に、お待ちいただく期間が増えてしまい、

ご迷惑をお掛けしてしまっている現状がございます。

何とか改善を図ってまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

本やCD、DVD、GAMEソフトなどの、月間の買取点数が2万点~3万点ほどなら、

現状の仕組み環境にて迅速に対応することができますが、

情熱買取ブックオンをご利用下さるお客様が日々増えてきており、

今では4万点、多い月で5万点を超えるような状態となってまいりました。

ここまで増えるようですと、買取や整理で時間の多くが取られてしまい、

大事な販売、を行うための時間がないという、本末転倒な状態に陥っております。

お客様にお売りいただいた商品を、次の人に販売を行うのが、事業内容となっております。

販売をしないと、資金が続かないのも正直なところです。

 

名付けて「本末転倒サイクル」 (本!待つ!店頭!、、、なんちゃって)

の打開を図ってまいります。

 

情熱買取ブックオンに売っていただいた商品を、次の方へしっかりと販売を行っていき、

また、迅速に、他店よりも情熱的な価格で、商品の買取を行ってまいります。

 

そして、ブログやホームページの更新をしっかりと行い、

お客様にお得な買取情報をお届けできるように努めてまいります。

どうぞ、情熱買取ブックオンをはじめ、まだまだ情報の少ない当ホームページを宜しくお願い致します。

 

情熱買取ブックオン

ケロル店長

改めまして、ケロル店長です。

2015.03.09

ブックオンのページにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

ホームページをリニューアル致しましたので、以前のページから利用してくださっている方も、

改めまして、どうぞ宜しくお願い致します。

 

私、ケロル店長こと、内山佳祐ともうします。

ブログ上では、ケロル店長と名乗らせて頂きます。

 

さて、ホームページがリニューアルオープン致しました。

が、ちょっと内容がまだすっきりし過ぎております。

徐々に更新して、情報を増やしてまいります。

まずは、このホームページの目的を、簡単に説明させて頂きます。

 

ブックオンとは、中古の本、CD、DVD、ゲームソフト、ゲーム機器などの、買取や販売をおこなう事業です。

2012年の1月より、ゆっくりとですが事業をスタートさせました。

 

基本的には、埼玉県の朝霞、志木、新座、和光、練馬区の上の方(大泉方面)を中心に、

出張買取として、お客様のご自宅へ本などの買取へお伺いする形式をとっております。

また、朝霞市の朝志ヶ丘に買取店舗も構えておりますので、お近くの方は持ち込まれての買取も対応しております。

そして、ホームページを通じて、日本全国のお客様より、宅配便を利用した買取、「宅配買取」もスタートいたしました。

条件を満たせば、送料無料(着払い)にて、本を送るだけで買取を行うサービスとなっております。

 

販売は、アマゾンなどのECサイトを利用しており、準備が整い次第、

当ホームページにも販売コンテンツの用意を考えております。

将来的には実店舗を構え、お店での直接お客様に本を販売したいと考えております。

 

つまり、当ホームページは、お客様に本を売って頂くためのページ、とも言えるわけです。

従いまして、本を売ることに関するお得な情報などを、随時更新していけたらと考えております。

買取などの業務の合間に更新していきますので、頻度はまちまちになってしまいますが、

出来るだけお客様にお得な情報をお届けできれば!更新してまいりますので、

どうぞ、気軽に訪問していただければ幸いです。

 

読み飽きた本や、お部屋の片づけ、引っ越しなどで本を売りたいな、捨てたいな、などとお考えの方。

本を売る、と考えた時に「さてどうしよう?」となりますよね。

売るのにどんな方法があるだろうか?いくらくらいで売れるのだろうか?手間はどれくらいかかるのだろうか?

どこに行けば売れるのだろうか?丁寧に対応してもらえるだろうか?売った本は、次の誰かにちゃんと渡るのだろうか?

色々と考えながら売られる方が多いと思います。

 

昔からあるいわゆる古本屋は、出版業界の縮小や、大手古書チェーンの進出により、閉店の憂き目にあっております。

そして大手古書チェーンは、知名度を利用した大量買取、大量販売により、中古本の価値を下げてまいりました。

その結果、昔は売れば100円は値段のついたマンガや小説など、今では1円~10円で買取、なんて当たり前になっております。

 

しかし、まだまだ高く買うことのできる本もたくさんあります。

それらの本を、きちんとした適正な値段で買取を行い、次の誰かへとつないでいきたい。

そんなところから、ブックオンをスタートさせました。

 

また、本を売る手段として、実店舗に持ち込んで売る、という事がまず思いつきます。

こんなストーリーにしてみました。

 

結婚前から漫画が大好きで、1000冊以上の蔵書がある男性がいたとします。

結婚してからも、毎週のように本を買い集めてきましたが、この度お子様の出産を控えて

奥さんから、とにかく本を何とかして欲しい、とお願いをされました。

 

人生の転機を控え、旦那さんは大事にしてきた本を手放す決断をします。

 

車で5分ほどのところに、大手古書チェーンがありましたので、そこで売ろうと考えました。

平日は朝から晩まで仕事がありますので、次の休日に売りに行こうと準備します。

まずは、売る本を運ぶための箱として、近くのスーパーマーケットに段ボールを貰いに行きました。

つぎに、どうしても残しておきたいワンピースなどの本をチョイスして、

しばらく読んでいないような本など、売りたい本を箱に詰めていきます。

 

次の日曜日、朝10時開店のお店でしたが、平日の疲れもあって、お昼前に起きました。

本を詰めた10箱の段ボールを車に乗せ、大手チェーンへ。

本が売れたお金で、お昼ご飯を食べて、趣味の釣り用品に少し使って、

残りは子供用ベッドやベビーカーなどの準備に使えたらいいな、なんて夫婦で楽しく話しながら到着。

 

買取の受付を行うと、休日は混み合っているらしく、査定は順番待ち。

2時間かかるとのことで、一度外へ出て待つことに。

先にご飯を食べ、ちょっと所要も済ませてお店に戻ると査定は完了。

 

結果を聞くと、持ってきた本の半分ぐらいが、ヤケが強いとか、カバーがヨレているとかの理由で買取不可。

合計は500冊値段がついて3000円。

買取不可の本は、持って帰るか、お店で処分するかと聞かれ、

部屋をせっかく片づけたのだし、また持って帰るのも大変なので、処分を依頼。

しかし、ヤケが強いって言ったって読めないわけじゃないし、子供のころから読んでいた本だから、

経年による使用感が強いのは仕方がないじゃないかと、憤りを覚えてしまう。

 

そういえば、さっき車にガソリンを3000円分入れたし、ご飯も夫婦で3000円分食べたし、

なんだか、損した気分になってしまったな。本を売るってこんなもんなんだな。がっかり。

 

 

、、、というストーリはどうでしょうか?

ちょっと大げさに書きすぎたかもしれませんが、

実際にこういう思いをされた方もいらっしゃると思います。

 

私ケロル店長も、過去に大手古書チェーンで店長を務めていた経験もあり、実体験なのですが、

「わざわざ持ってきたのに、ガソリン代にもならないんだな。」と、お客様にガッカリされたときは、

店員であった私も、お店の買取システムにガッカリし、お客様にとても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

本を売りに行くのは、手間です。

徒歩や自転車などで行ける距離、運べる数量ならいいのですが、

近くに店舗がない方や、売る量が100を超える場合は、車で運ぶ必要があります。

売るのに時間もかかります。持って行く時間や、査定を待つための時間などがかかります。

手間や時間などの労力をかけて、期待にそぐわない買取査定結果だった場合、

やはりガッカリされる方が多かったな、と実体験から私は考えました。

 

私は、お客様が本を売りたい、と考えた時に、実際にお店に持ち込む、という事以外の

「本の売り方の選択肢」を用意したい、と強く考えて、ブックオンをスタートさせました。

 

ブックオンの出張買取サービスは、当店スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、

その場で査定、買取を行います。査定後は持参した箱に梱包し、運び出しを行います。

お客様は、売りたい本があれば、ブックオンに連絡するだけ。

簡単で迅速で、そして金額でも他社に負けない価格を日々勉強して、買取させて頂きます。

 

・店舗への持ち込み買取

・宅配便を利用した宅配買取

・スタッフがお伺いする出張買取

 

どのサービスも一長一短があると思いますので、お客様のニーズに合わせて

買取の方法を選択していただければと思いますが、

本を売ってよかったな、とお客様に思ってもらえるように、ブックオンは目指してまいります。

 

ご挨拶が長くなってしまいましたが、どうぞブックオンを宜しくお願い致します。

長文乱文、読みづらい点あったと思いますが、読んでいただき誠にありがとうございます。

 

情熱買取ブックオン

ケロル店長

tel

出張買取のお申込み

宅配買取のお申込み

出張買取のお申込み

宅配買取のお申込み

ブックオンはここが違う!

ベテランが価格を適正査定!ベテランが価格を適正査定!
上限額を決められたチェーン店のアルバイトではなく、大手古本書店で店長経験のあるベテランが、商品一つ一つの価値を適正に査定します。
相場をリアルタイムで常に把握相場をリアルタイムで常に把握
最新タイトルから、旬や話題の本、テレビの特集などで日々変動する買取相場をリアルタイムかつ正確に把握しています。
商品一つ一つを、丁寧に査定します。商品一つ一つを、丁寧に査定します。
売れ行き・人気・市場価値を把握した上で、商品一つ一つを査定するから、どこよりも情熱的な価格をご提供できます。

ココが違う!をもっと詳しく見る

店舗情報

ブックオン店舗

【情熱買取ブックオン】
351-0035
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘3-1-47
古物商許可 埼玉県公安委員会
第431040026682号

048-423-2646

AM10:00-PM7:00 年中無休
お気軽にお電話ください

会社案内を見る

ページトップ